今話題のHARG療法の効果、本当のところは?

最近、HARG療法という言葉を耳にするようになりました。これは薄毛治療のひとつの方法ですが、育毛サロンなどではなく医療機関で行うものです。HARG療法とは、毛母細胞と頭皮の幹細胞を同時に活性化し、頭皮を発毛できる状態に再生することを目指したものです。HARG療法に興味がある方の関心の多くはその効き目でしょう。ここでは、HARG療法の効果について、得られやすい場合、得られにくい場合のポイントを紹介していきます。

HARG療法の効果が得られやすい場合

1.若い人
HARG療法は細胞を成長因子の働きかけにより活性化する治療法であるため、若い人はもともと細胞の活性が高いので、効果が出やすく出始める時期も早いのです。
2.薄毛でも毛が残っている
細い毛あるいは産毛でも残ってる場合は毛母細胞が生きているということですから、活性化する可能性は高くなります。

HARG療法の効果が得られにくい場合

1.毛母細胞が死んでしまっている
毛が完全になくなり頭皮が固くなっているときは、毛母細胞が死んだ状態で時間も経過しているため、細胞が再生しないことが多くなります。
2.頭皮にケガをした部分
外傷などで頭皮に傷を負った部分について、ケガにより毛母細胞がなくなっている場合は、再生できない状態です。少しでも残っていれば、その部分は再生の可能性があります。

HARG療法の効果が得られるかどうかは毛母細胞があるかないか、また毛母細胞の状態がどの程度かが大きいといえます。これについてより可能性の高い見解を得るためにも、まずは専門医の診断を受けることをおすすめします。